ドルオタ☆グルメハンター「ソコベ」の底辺ブログ

アイドル×グルメ×娯楽×雑記のブログ  今は、IZ*ONE と 欅坂46 と 日向坂46 と EVERGLOW

本田仁美の人気が着実に上がっている?本田仁美の魅力と人気上昇の理由を独断と偏見でまとめてみた【IZONE(アイズワン)】

 

IZ*ONEの日本での知名度もぐいぐい上がっており、音楽番組では引っ張りだこ状態となっております。

 

そのIZ*ONEのメンバーで着実に人気を上げているメンバーがいます。

 

そのメンバーとは…

 

本田仁美

 

そんな本田仁美の魅力や人気について独断と偏見でまとめてみました!

 

↓よかったらこちらの記事も読んでみてください。

www.sokobe.xyz

www.sokobe.xyz

 

スポンサーリンク ?

 

 

 

 

本田仁美とは

 

 

本田仁美 (ほんだ ひとみ)

 

誕生日:2001年10月06日
血液型:A型
身長 :158cm
趣味 :読書
特技 :アクロバット
出身地:栃木県
カラー:ピーチ
愛称 :ひぃちゃん

 

元々は、2014年からAKB48チーム8 栃木県代表として活躍しており、2018年のAKB世界選抜総選挙で82位を獲得しはじめてランクインしました。

 

「とちぎ未来大使」に就任していたり、過去にはFM栃木トヨタレンタリース栃木 Presents「本田仁美 ひぃといずおん ~HITOMI HONDA HEAT IS ON~」を冠番組として持っていたり、現在ではFM栃木にてNEZAS presents 「IZ*ONE 本田仁美のWorld Get You」を冠番組として持っていたりと、地元栃木に根付いた仕事がたくさんあることから、強い地元愛を感じます。

(ちなみに、株式会社NEZASホールディングスは、栃木トヨタ自動車と福島トヨタ自動車で設立した会社です。)

 

本田仁美出演のトヨタレンタリース栃木のCM

www.youtube.com

 

小学生時代はチアリーディングをしており、趣味はダンスということから運動神経の良さが伺えます。

 

PRODUCE48では、グループバトルの際にI.O.Iの「너무너무너무(Very Very Very)」を披露し、宮脇咲良やクォンウンビ、イチェヨンといった人気や実力の高いメンバーがいるノムノム2班に対し見事勝利を収めました。

その披露した「너무너무너무(Very Very Very)」の見事さやメンバーの豪華さから本田仁美の所属した「ノムノム1班」という名前はPRODUCE48視聴者からは伝説的な扱いをされています。

 

↓ノムノム1班の「너무너무너무(Very Very Very)」

www.youtube.com

 

また、ノムノム1班に所属した際になかなかメンバーがダンスの振り付けを覚えられないなか、本田仁美が真っ先にダンスの振り付けを覚え、メンバーに振り付けを教えるなどダンスの実力やセンスの高さを見せつけました。

基本的に視聴者からは、ダンスや歌の実力において完全に「韓国メンバー>>>日本メンバー」だと思われていたため、日本メンバーである本田仁美のこの活躍は多くの視聴者の注目を集め、心を動かしたと思われます。

 

f:id:sokobe:20190714123531j:plain
出典:PRODUCE 48

 

PRODUCE48全体を通しては、積極的にセンターに立候補したり、韓国語の発音や高いキーが入ったパートを諦めずに練習したりと積極性や向上心も見られ多くの視聴者の支持を得ることに成功、最終順位第9位を獲得し見事IZ*ONE入りを果たしました。

 

 

本田仁美の魅力

 

本田仁美の魅力を個人的にまとめてみました!

 

 

もちもちのほっぺ

 

本田仁美の一番の魅力と言えば…

 

そう、もちもちのほっぺです!

 

 

まるでお餅かのようなもっちもちのほっぺ。

誰もが触ってみたいと思うのでは、ないでしょうか?

 

 

ダンスが上手!

 

 

本田仁美ダンスが上手です!

PRODUCE48でも、先生から褒められたり、誰よりも先に振り付けを覚え他のメンバーに教えるなど実力の高さを見せつけました。

 

↓誰よりも先に振り付けを覚え他のメンバーに教える本田仁美

www.youtube.com

 

AKB48時代からキレッキレなダンスを踊る本田仁美

www.youtube.com

 

愛嬌のある可愛らしい顔から、キレッキレのダンスはギャップで魅力的ですね!

 

↓IZ*ONEに入ってからもダンスの腕前は素晴らしい

www.youtube.com

 

IZ*ONEに入ってからもダンスの腕前は上がり続けています!

これから、さらに素晴らしいダンスを沢山見せてくれることでしょう。

 

 

向上心とひたむきな努力

 

本田仁美向上心が高く、努力を欠かしません!

PRODUCE48時代も先生から韓国語の発音やダンスの努力を認められ、IZ*ONEに加入後もどんどんかわいい女の子から美しい女性へと変貌を遂げておりその外見からも沢山の努力が垣間見えます。

 

↓努力で壁を乗り越えた本田仁美

www.youtube.com

 

↓ボディメイクにも余念がない本田仁美

 

この腹筋を努力と呼ばずしてなにを努力呼ぶのか!

 

また、本田仁美は誰よりも朝早くに起床し誰よりも朝の支度や化粧を済まし、空港など他のメンバーがすっぴんでいるようなところでも常に身だしなみを崩さないといった美しさを保つ努力も欠かしません!

 

↓明るい髪色にも挑戦した本田仁美

 

最近では髪色をブロンドにするなど、新しい挑戦もありました。

こういった挑戦も美しくなるための努力です!

ブロンドの本田仁美はまるで、ディズニー映画に出てくる登場人物のように似合っていますね!

 

 

 

 

本田仁美の人気

 

 

本田仁美の人気について個人的にまとめてみました。

 

 

1stシングルのハイタッチの売れ行きはあんまり…

 

 はっきり言って本田仁美1stシングルのハイタッチの売れ行きはあんまり…でした。

 

 

 

 個人的に考える上記の理由としては、

 

・はじめてのハイタッチ会ということで注目されている韓国メンバーに人気が集中した

・そもそもまだ日本でのIZ*ONEの認知が低かった

 

・AKBメンバーということで興味を持たれなかった

 

・咲良や奈子のようにAKB時代に総選挙の順位が高くなく、広い層に認知が無かった

 

 といったことが考えられるのではないかと思います。

 

 

2ndシングルではたくさんの売り切れが!

 

前回の1stシングルの時は、売れ残りが目立っていた本田仁美でしたが、2ndシングルではたくさんの売り切れが発生しました!

 

 

 

上記ツイートのような本田仁美の完売についてのツイートが当時たくさんTLに流れてきました。

 

↓また、2ndシングルのイベント参加券付CDの完売状況をまとめてくださっている方のツイートがこちら

 

上記のツイートを参考にすると第2次の時点でハイタッチの完売が2部、ハイタッチ・メッセージカード・サインすべて合わせると10部というかなり多くの完売が発生しております。

以前の1stシングルの際には、第10次以上再販していたに関わらず本田仁美のハイタッチの完売数は「0」だった為、前回とハイタッチの部数など変わったところがあるとはいえ、第2次受付の時点で多くの完売が発生しているということは、着実に人気が上がっていると言っていいのではないでしょうか!

 

2ndシングルで人気が上がった個人的に考える理由としては、

 

・前回1stシングルのハイタッチの際の対応の良さが話題になった


・プラメが長文で写真が多い上に頻度が高いなどの既存のファンに対する心配りや思いやりが実を結んだ

 

・IZ*ONEの活動を通じ本田仁美の魅力を知る人が増えた

 

・「かわいい少女」から「綺麗な女性」へと変貌を遂げ、新しいファン層の心をつかむことができた

 

 といったことが考えられるのではないかと思います。

 

 

韓国でもしっかり人気者!(2019.11.17追記)

 

日本人気を着実に上昇させている本田仁美ですが、韓国でもちゃんと人気を獲得しているようです!

 

本田仁美の韓国人気に関するツイート

 

 

 

上記ツイートを見ると、ベストアイドルにてTWICEのメンバーやPRODUCE48最終順位1位のチャンウォニョンを抑えて、3位を獲得していますから、十分な韓国人気を獲得していると言っていいでしょう!

 

↓また、最近ではこんな順位も!

 

宮脇咲良の第1位に続いて、なんと、第2位!

 

これはもう、韓国でも人気者!で間違いないでしょう!

 

 

↓7月第2週の投票結果で遂に宮脇咲良を超え第1位を獲得しました!!

 

↓2019年11月17日現在、18週連続で第1位を獲得中です!

 

 

本田仁美の韓国人気は留まることを知りません!

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

本田仁美は、努力と実力を認められIZ*ONE入りを果たした素晴らしいメンバーです。

また、最近ではどんどんかわいい女の子から美しい女性へと変貌を遂げつつあり、まだ17歳という若さもあり、今後どのように成長していくのか楽しみなアイドルです。

 

ちなみに、プライベートメールの送信頻度や文の長さや写真の添付がメンバー内でずば抜けているそうなので、オールペン(DD、箱推し)の方が誰のプライベートメールを取ろうか悩んでいる場合は本田仁美がおすすめかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またよかったらお立ち寄りください。

 

www.sokobe.xyz

www.sokobe.xyz

 

スポンサーリンク ?